降谷零のゼロの日常ことゼロティー7話

安室透の女になった私は早速本誌派になり、コナン本編とゼロティを全力で楽しんでいた。

純黒の降谷零は対赤井モードに切り替わっていて血の気が多くなっていたとても珍しい状態で、執行人の降谷零がこの人の本質なのだと思っていた。

 

……が、ゼロティーで色々考え直すことになった。

 

ここで、便宜上ではあるが、降谷零という人間の飾らない部分、本質とも言うべき人格を『ゼロ』と呼ぶことにする。

ゼロと接することができたのは、景光君を筆頭にした同期の友人達、それに明美ちゃんぐらいだっただろう。

 

公安警察の降谷零は、ゼロがイメージして作り出した『最強の警察官』である。

頭が良く、腕も立ち、上司としても優れていて、部下を大事にし、任務を絶対に遂行するスーパー公安警察である。

格好よすぎる立ち居振る舞いの全てが『最強の警察官』としての演技だ。

 

黒の組織のバーボンは、降谷零がイメージして作り上げた『悪の組織の有能な探り屋』である。

頭が切れて、ミステリアスで、仕事柄もあるが単独行動を好み、するどい牙を隠し持つ。

 

私立探偵の安室透は、バーボンがイメージして作り上げた『人に好かれる青年』である。

いつもにこにこ笑っていて、誰にでも親切で、どこにひょっこり顔を出して首を突っ込んでも許される、愛すべき青年だ。

 

ゼロティを読む度に、ゼロという人間はトリプルフェイスのどれに近いのだろうかとちまちま修正を続けていた。

 

バーボンは、ベルモットの話を聞きながらフランベのことを考えたりはしない。

降谷零は、料理が楽しくてうっかり作りすぎてしまうことはない。

 

こんな風にキャラに合わない部分をチェックしていくと、ゼロは安室透に近いのかもしれないと思うときがある。

 

最初から公安警察を目指し、善も悪もその身に抱え込む覚悟があったのではなく、元々は『みんなを守るお巡りさん』でありたかったのかもしれない。

誰かのフォローをそっとすることが得意な、あまり表にでるタイプではないのかもしれない。

 

ゼロティでゼロが見られる度に嬉しくなっていた私に、7話がぶつけられる。

 

まっ、待って、待って!

執行人やゼロティで見てきた降谷零は、圧倒的光属性で、そしかい(組織壊滅の略、覚え立ての専門用語を使いたいお年頃)後も公安警察としての仕事に励みそうな、そういう志の高い人……だと思っていた。

多分、降谷零としては正しい。しかしゼロは違う。

 

降谷零なら、公安警察の潜入調査官として、自分の身元が明らかになるような写真は絶対にもたない。潜入前に、データすら全部捨てたはずだ。

それでも暗号化されたフォルダに警察学校同期の友人の写真を残した。

 

これは降谷零ではなく、ゼロとしての行動だ。

 

ゼロは友人を惜しみ、懐かしむ気持ちがある。

そしてときには黙って眺めてしまうことがある。

そしてゼロは夢の中で、友人達が絶対に言わない台詞を言わせた。彼らなら『こっちにまだ来るなよ』と言うのに、真逆なことを言わせた。

あの台詞は、ゼロの言われたい言葉だ。そしてゼロの本心の欠片だ。

ゼロはひとりぼっちだ、ときどき寂しくなる、友人に会いたくなる。

亡くなった友人達のところへ行きたがってしまうことを、友人に『仕方ないな』と許してほしがっている。

 

ゼロは起きたとき、『ハッ…』と自嘲した。

最後まで自分を心配してくれた友人の気持ちを夢の中で冒涜してしまったことに対する申し訳なさ、自分の弱さへの嫌悪感、そういうものが滲み出ていた。

 

前の記事で赤井秀一にとっての降谷零は『生きる』の象徴であると書いた。

それは多分正しい。

でも降谷零とはちがい、ゼロは安室透よりの人間で、安室透にはないどろりとした黒い闇を抱えている。

ゼロは降谷零になりたがっているのかもしれない。でもきっとなれない。夢がそれを証明している。

 

ゼロティ7話を読んだ乙女達は、誰だって『降谷零は幸せになって!救われて!』と思っただろう。勿論、私もだ。

しかし、ゼロを支えてやることができる人間はみんな死んでいる。

死んでいるからこそ、彼は闇を抱えてしまった。

なのでもうこう思うしかない。

 

赤井秀一さん、どうか、どうかゼロのお友だちになってあげてください……!

 

(無理かな……うーん、無理かな……飲み友だちぐらいなら……ううーん、でも元ライだし、腐れ縁ではあるし、和解後ならいける……か!?)

 

 

どうでもいいベルモットとバーボンの関係について。

ベルモットがお風呂から電話してきてるのに、梅昆布茶ってマジレスしてるバーボンは、バーボンとしてのキャラに合ってないんじゃないだろうか……。

ときどき、降谷零とバーボンと安室透に天然なところがぽつぽつ見えていて、ゼロはもしかしたらそういう子なのかもな~~~!と喜ぶ私がいます。

でも、バーボンが梅昆布茶マジレスするから、ベルモットが安心してパシ……いえ、運転手としてかわいがっているんだろうなと思います。同時に「あなた男として大丈夫なの?」って心配してくれそうなベルモット、バーボンのねーちゃんだね……。